知る事が何よりも武器

土地

人間が拠点とするための場所である住宅も、生活や生業を行ったりするための何かしらの施設も、全てそれは大地が存在することによって建設できます。
そして、これらの不動産類はその土地の上に建設する必要があり、土地に求められる用件としてまずその建設に耐えうるのかというところを知る必要があります。
不適切な土地に建築を行ってしまった場合、建物の倒壊や地すべりなど、考えられるリスクは非常に大きいです。
そしてそれらのリスクがいざ実際に発生してしまった場合のことを考えると、大惨事に繋がるような結果しか見えてこないことが大半です。
ですから、不動産などを建築していくにあたってはまず地盤調査を事前に行うことが重要です。

構成要素の確認

確認

地盤調査を行うことによって、土地を構成している要素を確認することができます。
それは、理学的な検知からではなく工学的な分野から査定する必要があります。
これから利用しようと計画している方法として、その土地の性能は適しているのか。
それを調査するのが地盤調査です。
この調査を行っていない限り、安心して建築を行うことはできません。
建設業と密接に関わっている地盤調査は、最終的に人間の暮らしに直結しているといえます。